忍者ブログ
木枯紋次郎と七人の侍がネコになったらいいな

---Ninjya AD---
------------------
[ブログひろば] [写真転用厳禁] 人気ブログランキングへ お気に召せばクリックを,1日1回
[1]  [2

             
「ネコにタンポポって いいもんでしょ 」
竹にトラって いいたいんやろ
「とにかく いい季節になりました  ネコの季節の始まりです 」



PR

  
「凍っていた田んぼに 水と泥の季節がよみがえり 遂に耕運機が入った  泥は歩きにくくて脚が汚れるが 心は明るい 」




  
「この橋は 事実上ネコ専用の橋  ヒトは使うことが出来ません  と言っても ネコだけのために 市が予算を使うわけはありませんよね 」



  
「ここまで来ると 分かってもらえると思います   池は水をたたえ 両岸に迫る山には木々が深く茂り なかなかいいところですが ヒトがこの橋を渡る気にはなれませんよね  つまり 老朽化によって いまやネコ専用なのです   夜になると タヌキさんやイタチさんも 渡っています 」





              
「高架の下をくぐると 別世界が開けるんだ 」
と 言いながら  獲れるはずもない小鳥たちの動きに しばし注目の ネコさんです




        
「車が通るから危ない なんて言ったって  日向の方が、暖かくていいに 決まってるんだ 」




        
「ダンプの車庫は 昼間は安心していられる 静かな場所だ 」



        
「態度大きく 鼻先をかすめていく奴も居るが 」




  
「風さえ避ければ 温かくなった・・・ と 気分よくしてたら  怪しい奴が現れた 」



  
「逃げ足は 速い方がいいと 決まってるんだ 」





  
「変な人来てる  ちょっと 地元っぽいけど 」
『あれは大丈夫  毒にも薬にも ならないタイプ  それより 雨が来たら 寝る場所が また狭くならないかと 心配だわ 』




  
「雨が止まないというのに 息子は 出かけて行きました  雨にも負けない 強い子に 育ってくれるといいのですが 」




  
白い花に囲まれて 様になっていますが 前途を思えば 明るくはありません  野良でもよいから  元気に 立派に 育って欲しいものです




  
積み上げた薪の中で まだ雪のある頃に 生まれたのでしょうね  新しい命が 顔を出します


  
「ぼくもぼくも ぼくもいるよ 」




  
ネコさん またお会いできましたね  しかし 少し遠いので 望遠レンズで失礼します


    
あの ちょっと それは   望遠レンズを ご存じないのですね





  
「大きな畑だったのに 今は家庭菜園のようになってしまった   おまけに 真竹の奴がどんどん侵入してきて  そいつの筍を食べようともしないのだから もうすぐ竹やぶだよ 」




  
「胡散臭いおやじが来る  こういうときは 逃げるに限るな 」



                 
「おっと これは窮屈  ネコ巾が確保されてないではないか 」



                 
「バックして抜くしかないが 抜くのも一苦労だ 」



  
「施工業者の怠慢か 市の基準が甘いのか知らないが  ネコの通る巾一つ確保できないようじゃ 厳しい国際化時代に つまづくのも当然だよな 」





  
「これが いわゆる一つの エネルギー還元でありまして   大地に感謝 」



  
「後始末を ちゃんとするのがネコなんだから  あまり アップで写す場面じゃないだろ 」





  
水田地帯の思わぬところで ネコさんに会いました  それも 美しいネコさんです



  
よく手入れされた毛並みと よさそうな健康状態  若奥様 と言ったところでしょうか


  
カメラに興味は示しますが 警戒する様子はありません



              
お互い 少し思いを残してしまったようですね  失礼しました  今度お会いできたら カメラなど触らずに ちゃんと御挨拶いたします




フリーエリア


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 5 7
8 9
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
P R
最古記事
最新CM
プロフィール
HN:
梅花紋
性別:
非公開
フリーエリア 2
忍者ブログ [PR]