忍者ブログ
木枯紋次郎と七人の侍がネコになったらいいな

---Ninjya AD---
------------------
[ブログひろば] [写真転用厳禁] 人気ブログランキングへ お気に召せばクリックを,1日1回
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

        
「ダンプの車庫は 昼間は安心していられる 静かな場所だ 」



        
「態度大きく 鼻先をかすめていく奴も居るが 」



PR

              
ちょっと 見返りニャンコで1枚 写真を写させて下さい
「ここでかいな」
やっぱり まだ 日向がいいですか

「そうやねえ ずいぶん温かくなったけど  その分 体が贅沢になるもんで 」




  
「降りれば アスファルトの道に 草も無く虫も無く  上れば セメントが隙間をうめた石垣に トカゲも居なく  野良猫はどうすればいいのか 」




  
「人相の悪い奴が 現れた 」
お言葉ですが  ネコさんも ニャン相の 良い方では 無いですぞ





        
「岩のてっぺんに立ったりして  落ちるなよ  脚が二本しか無いくせに 」





  
「岩場に生息する日本野猫の取材やな  NHKやろ  それともBBCかな 」




  
「長毛品種の洋系野良猫なんて 珍しくも なんともなくなりました  “ライオンみたい”と言われる方はいいのですが  かつては差別もありました 」




  
「イノの臭いが強くて ネコの臭いが よう分からんがな  困ったもんや 」




  
「風さえ避ければ 温かくなった・・・ と 気分よくしてたら  怪しい奴が現れた 」



  
「逃げ足は 速い方がいいと 決まってるんだ 」





  
すがるニャンコにかまわず 観光船は岸を離れます
中国製か 台湾製か 韓国製か 分かりませんが  平均的に 使われる単車が 少し大きくなったような気がします (ホーチミンで)




  
生活スタイルがどうであれ 野良猫などというものが 珍しくなくなったのは 豊かになったと言うことなのでしょうね (ホーチミンで)




  
おなかが ほんの少し膨れると  もうスキスキごっこです  生きてることが 一番楽しい年頃なのかも知れませんね




  
何かくれそうな人に 照準を定めて  二匹そろっておねだりです


    
もらうと 争って食べます
 


  
ベトナムでは 今のところ 野良猫に餌をくれる人は 居ないようです   もっぱら 観光客にアピールを続けます


           
箱に入るのが好きなのは どこの国のネコも 同じようです (ホーチミンで) 




  
「ガーデニングのコーナーが担当 だが  収入はチップだけだから きびしいよ 」



次のページ >>
フリーエリア


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
3
5 10 11
12 13 15 16 18
20 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
P R
最古記事
最新CM
プロフィール
HN:
梅花紋
性別:
非公開
フリーエリア 2
忍者ブログ [PR]