忍者ブログ
木枯紋次郎と七人の侍がネコになったらいいな

---Ninjya AD---
------------------
[ブログひろば] [写真転用厳禁] 人気ブログランキングへ お気に召せばクリックを,1日1回
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

  
石の上に乗って 爪の手入れをする姿も 絵になってきました
「野良猫は 爪が命 」

  
「それで 今日はなんか用かい 」
などと 生意気を言うようになりました



PR

  
山村の廃屋ネコさん  久しぶりに会うのは 気恥ずかしいか  顔を半分かくして出てきません




  
「付いて来るなって もう うるさいなあ   花の気分が 壊れるんやから 」




  
「さて出かけましょう  花が咲いて 眠るにも歩くにもよい季節になって うれしいね 」




  
トラニャンコは ひらひらと ゆれながら舞い落ちる 雪をながめています   下には なんと 見かけない大きななべ 中にはおじやが入っていた痕跡が  どうやら 援助してくれる人が現れたようです




              
母さんを失って 一匹で暮らすようになったトラニャンコ  生きてるだろうかと心配でしたが 体も一回り大きく 大人の顔になって現れました




  
「このハシゴは もう使わない方がいいよ  腐りが来てるから  ネコ専用ってとこだね 」




  
別れはあまりに辛くて 物陰に飛び込んで隠れます  それでも 後姿が見たくて そっとのぞきます




  
「甘えたいんだよう  おじさんでいいから甘えさせてよう 」


  
「行ってしまうんだね 寂しいよ 」





  
「このポ-ズだけは 生まれたときから 教えられなくても知ってたねえ   写すなって 写す場面じゃないだろ 」



  
「親は無くても元気な子だぞ  ここに乗って このポーズで お月様を見上げると トラさんのように強くなれる気がする 」




  
おまえみたいなハイカラ猫が どうして山村におるんや
「そう言う時代なんや  地方の労働力は仕事を求めて都会に集中し  都会の不要なものは山に捨てられるんや 」




  
とうとう母さんは旅立ってしまいました  子供たちは これから 自分の力だけで生きて行かねばなりません
思えば  子育てに追われ続けた 辛いばかりの一生だったように思えます  それでも 生まれてきてよかったのでしょうね  何度も子供を生みました そのうちの何頭かが育ちました 車で通勤する姉さんから缶詰をもらうこともありました 春が来てほっと気の和むひと時もありました
お疲れ様でした


  
虫取りに励むさまにも 心なしか真剣さが加わったような気がします





  
辺りの様子を見渡してから 行動を開始するようになりました


         
「早く早く! 」



  
ある程度の距離があるうちは ゆったりと構えて こちらの動きを見ています




   
腐りかけた柱の角で 腰の辺りを気持ちよさそうにかくなんて  クマさんのようですねえ  オランウータンかな ゴリラかな 



フリーエリア


カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
2 4 6
8 9 10 11 12
17 18 19 21
24 26
29 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード
P R
最古記事
最新CM
プロフィール
HN:
梅花紋
性別:
非公開
フリーエリア 2
忍者ブログ [PR]